エアーでの長旅もまた面白い、緑あふれる欧州の北の国々

北欧の国家、スウェーデン。冬季が長くて寒い考え方。
そんなスウェーデンに15年にわたり文通をしている(メルアドがあるのに今時文通!)ヘレンに30年代の夏に会いに行きました。
ただしスウェーデンは遠い。航空で15時くらいはかかります。せっかくいくのだからヘレンのいる通りだけでなく何やかや周ろうと思い、調べていくうちに素敵な島があることが裏打ち。
『薔薇と廃墟の街、ヴィスビー』。自ずとメインはその島に。
道順はヘレンのいるスウェーデン第二の都会、ヨーテボリに入り2泊してヘレンに会い、3お天道様視線に列車でストックホルム経由で航空にのぼりヴィスビーへ。そこで2泊してまた航空でストックホルムに帰り2泊して帰国としました。
考え方としては、関西エアポートで大阪に入り、都内をいったん経由して佐渡島に行き、また都内に戻って観光する、という感じです。
島への往復の航空はインターネットで日本で取り去りましたが、ヨーテボリからストックホルムに向かう列車の切符は取りませんでした。インターネットで取ろうとしましたが、スウェーデン語になってしまいわからなかったのです。但し手引きなどで調べると、列車の切符は即日でも問題なく取れるとのことでしたので、現場で摂ることにしました。

いよいよスウェーデンに行くと、全く素敵な国家です。聞くところによると冬季は日の入りが素早く、15機会頃には暗くなってしまうとの行い。その代り私の行った夏は22時でもテニスが出来そうなくらい明るかったです。川べりでただ座っているだけのヒトがまことに多いことか!人々は全部こういう貴重な明るさ暑さを謳歌していました。そうしてユーザーだけではありません。木々も今の間とばかり青々としていて空も川もすべてが輝いて見えました。必ず気持ち良い爽やか気候でした。
ヘレンの一報でヨーテボリの巷を観光し、呼び物ですミートボールも食べ、喫茶店に行ったりと初対面、ピクニックを満喫して毎日はいつの間にか過ぎて行ってしまいました。初めて翌日からはスウェーデンセルフ実践。薔薇と廃墟の街を楽しみに眠りについたのです。
明日。急場発生!!エアポートに行くまでの列車の切符が取れない!!こんなことは弱いはずだったのに。。。年に1度のお祭り、夏至祭だったのです。国中のユーザーが移動するらしく、ストックホルムに行く切符がどうしても取れず、受付で相談するにも厄介とのこと。タクシーは?と尋ねると、結構費用が要するからお勧めしない、とまで言われ途方にくれヘレンに緊急連絡を入れたのです。
しばらくするとヴィスビーまでいく道順を調べてくれ、駅舎まで来てくれました。航空ではなく、フェリーで行く道順。しかしこういうフェリーに股がるまで、ローカル線でスウェーデン国内を通過しなければならなかったのです。ローカル線2書籍そうして銭湯。当時の私のEnglishキャパシティーはTOEIC500地点出向くかいかないか。スウェーデン語はもちろん話せず、英会話、というよりジェスチャ-頼み。心もとないのなんのって。ヘレンはローカル線のターゲットまで来てくれたけど、もう一度不安で不安でたまりませんでした。
列車はそれなりに混んでいて、完売。立っているヒトもいました。長い顎鬚のムキムキマンで拳固に入れ墨をしているお兄さんがいたり、皆が恐ろしく見えて、そして飛び降りる駅舎も間違えないかと不安で。近年思えばぼくが一番危うく恐いヒトだったのでしょう。得体のしれないアジアヒトが挙動容疑いキョロキョロしていたのですから。その証拠にどのボックスダッグアウトは完売だったのに、私の会社だけ誰も来なかったのですから。駅名はスウェーデン語。聞き取れません。そこで車掌様にメモを見せ、降りたいことを伝えて置き、本当に教えてもらいました。
銭湯に乗じる時折、親切なほうが私の根深いスーツケースを持ってくれたり、懸念の中にもホッとする状況が思い切りありました。スウェーデンヒトは親身、そして気づいたのですが街のそこら中にEnglishの書店があるのです。そのため皆さんEnglishが満喫でした。無事にヴィスビーの通りに着いたあたりは年月日の変わった朝0機会。旅館についてぱっと就寝につきました。翌日からはさぁ!偵察!!必ず素晴らしかったです。巷に薔薇が咲き乱れ、薔薇のトンネルがそちらかしこに。そうして協会の廃墟も点在していてどうして映像を撮っても図説になります。宮崎駿プロデューサーの鬼神の宅急便の規範になったフロア、とも言われています。極めて素敵で、ちっちゃな街につき、間もなく一周してしまいますが、2お天道様いても飽きませんでした。
ストックホルムに行くときは無事に列車に跨ることができました。ストックホルムでのオススメスポットはガムラスタン。古くさい町並みですが、こういう石畳の通りがいやに風味があります。そうして『水の都』『北欧のヴェネチア』と呼ばれているようにそちらかしこに川がながれ、船でピクニックできます。日本語のイヤホンもありましたが、???の論文もあり、ぼくが吹き替えしなおしてあげたい、と思ったくらいです。ですが、水上から探る表通りもこれまた素敵でした。
セルフ観光につき食堂には主として混ざることが無く、残念ながら美味しいものにはあり塗り付けませんでした。治安はとても良かったです。まぁ、夏はお天道様が長い、というのもあるのでしょう。またスウェーデンのJRの駅舎はそれ自体がミュージアムのようでした。邦人が製図したという駅舎もあります。なんとなく足を延ばして見に行ったりと、意外ともう一度時が欲しかったです。
この度では思わぬアクシデントで、予定通りにはいかずに怖い望みをしましたが、成約、また行きたいとしていますし、また如何にも行きます。狙い外の国内通過をしましたが、その通過した途中でみたコントラストが、心に余裕のなかった私ですら可憐、秀逸、ここに滞在しよ!とでっちあげるほどの物体だったのです。今度は回廊に迷ってではなく、そこを目的地として行こうと思っています。またスウェーデン人の優しさを感じる望ましい観光でした。やはり観光は自己責任。状況を外さなければ、いかにも素敵な観光がスウェーデンで迎えると思います。収入証明書不要で50万円まで借り入れ可能なキャッシング