不安だったアウトドアがメインの周遊・・野放しがボクを変えてくれた

とっくにオーストラリアに旅へ行ったときの話です。
ショップのマスターが第三国旅が大好きで、あんなマスターからの誘いで行ってきました。
マスターは第三国旅にとっても慣れていて、飛行機の要望・宿屋の要望・・一律やってくれました。
オーストラリアに関しての情報は(コアラがいる・・)くらいでしたが、初めてのゴールなのでわくわくしていました。
オーストラアリといえば、シドニー・メルボルン・・けれどもマスターから聞かされた動向はケアンズ・・??なんとか訊く姓名です。
本当はマスター、アウトドアが得意でスキューバの認可も持っています。
そのスキューバを楽しみたいのでケアンズを選んだそうですが・・・こちらはやったことないし・・不安しかないです。
しかも、ケアンズに8日間宿泊というから神業でした。
マスターの設計は、毎日目はケアンズ市内のトリップ・2日光目はグレートバリアリーフでスキューバ・3日光目は山中で乗馬・4日光目は川でラフティング
5日光目は市内で配送・6日光目は海でパラセーリング・7日光目はクルージングで島巡り・8日光目は帰宅・・およそアウトドアという。
こちらはどちらかというとインドア派で海とか山中とか下手くそでした。
到着する前からメランコリーでしたが、マスターに気づかれないみたいニコッしていました。

ケアンズに到来。宿屋に家具を置いて直ぐトリップ!!表通りの人達は全部時期で声をかけて貰える。
表通り自体も一年中で友人きってしまうくらいで、可愛い意味でこじんまりとしています。
そうして、2目日光のグレートバリアリーフへ・・こちらはスキューバの認可がない結果シュノーケルにしました。
船にのりいよいよグレートバリアリーフへ・・
素晴らしいです!!海が透きとおってある。海をのぞきこむとサンゴや魚が見える。
大自然に囲まれ、青い海に自分をまかせ不安だった思いがいっぺんになくなりました。
帰国するまでの7日間、実際素敵な出来事ができました。
次に出向く機会があれば、意図を詰め込まずじりじり徐々にしてもいいかな?と思います。あなたに最適な借金解決方法はこちらのサイト!